霧島酒造トップ > お客様相談室 > よくあるご質問 Q&A:表示・ラベル

お客様相談室

賞味期限・取り扱い

賞味期限はありますか?

焼酎は蒸留しているため、アルコール度数が高く腐りません。その為、「賞味期限」の設定はございません。開封後はなるべくお早目にご賞味ください。

焼酎はどのように保管したらいいですか?

直射日光を避けて保管ください。また、においの強いものの近くで保管しないようご注意ください。冷蔵庫での保管はうまみ成分が固まってしまう可能性がありますのでおすすめできません。

焼酎パックの回収をしていますか?

ファクトリーガーデン内「裂罅水の泉」横に回収ボックスを設置しています。また「霧島春まつり」「霧島秋まつり」開催時に会場内での回収を実施しています。
NPO法人「集めて使うリサイクル協会」様では、お住まい近辺の酒パックの回収を行っている「エコ酒屋」様をご紹介されています。(「集めて使うリサイクル協会」http://r-kyokai.org/

いつ製造された焼酎かわかりますか?

焼酎を容器詰めした日時を6ケタ、10ケタの数字で商品に記載しています。
例:1201011300 の場合 2012111300分 に焼酎を容器に詰めたという意味です。

20164月出荷分より「製造ロット番号」に変更しました。一部商品につきましては上記表記とは異なりますのでご了承ください。


容器の処分方法を知りたい

お住まいの地域の分別方法に従っておこなってください。
紙パックについては、ファクトリーガーデン内「裂罅水の泉」に回収ボックスを設置しています。また「霧島春まつり」「霧島秋まつり」開催時に会場内での回収を実施しています。

瓶の回収をしていますか?

当社での回収は行っておりません。

20度/25度はどこでわかりますか?

パック製品には口栓左、瓶製品には表ラベル右下に表示しております。
霧島酒造

甲乙の表記がないのはなぜですか?

弊社の商品には、「本格焼酎」という表記をしています。先代社長の江夏順吉が1957年に九州旧式焼酎協議会において「本格焼酎」という呼称を提唱しました。単式蒸留しょうちゅう(旧しょうちゅう乙類)のなかでも酒税法第3条第10条のイ~ホを満たすものを「本格焼酎」と呼びます。
※平成18年から「しょうちゅう乙類」という分類名は「単式蒸留しょうちゅう」に名称変更されています。

点字の意味は何ですか?

商品の点字は「おさけ」と記載しています。

一升瓶と五合瓶のラベルは同じですか?

それぞれ、異なります。一升瓶は胴部分には「霧島」のみ、肩ラベルにそれぞれ「白」「黒」「赤」と記載しています。
一方5合瓶は胴ラベルのみで、「白霧島」「黒霧島」「赤霧島」と記載しています。

焼酎の中に白い沈殿物がありますが大丈夫ですか?

焼酎の中の白い沈殿物や白いモヤモヤは、原料に含まれる油分が固まったもので、「おり」と呼んでいます。この油分は、焼酎の旨み成分のひとつで、容器を軽く振ると消えます。
「おり」は常温では焼酎に溶けています。気温が低くなると固まり、白い沈殿物となって焼酎の中に浮遊したり、表面に油膜となって浮いたりすることがまれにあります。 
蒸留したばかりの焼酎にはたくさんの「おり」が含まれています。貯蔵の行程でろ過を行い、ある程度取り除きますが、どのくらい取り除くかが味わいを左右する大きな要素の一つでもあります。
メールでのお問い合わせ

その他のご質問につきましては、こちらのお問い合わせメールフォームをご利用ください。

ページの先頭へ