霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い > 研究開発:研究概要 > 醸造原料研究

醸造原料研究

新商品開発や原料であるサツマイモの安定確保のため、研究室だけでなく、実際にほ場に行き、活動しています。

主な研究

サツマイモによる商品開発


芋焼酎の製造において、サツマイモは米の約5倍量使用しており、サツマイモの品種の違いが、芋焼酎の酒質を大きく左右しています。より良い焼酎造りのために、サツマイモの栽培特性や焼酎の官能評価、香気成分の分析から、焼酎に適したサツマイモの品種を探究しています。

サツマイモの栽培方法やほ場環境の研究


原料を安定的に確保するために、サツマイモの栽培方法やほ場(※1)環境の測定など、製造部門と協力して、国や県の研究機関、大学、農家の方と研究を進めています。

※1:作物を栽培する田畑や農園のこと。

ページの先頭へ