霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い > 研究開発:研究概要 > 醸造技術研究

醸造技術研究

発酵・醸造という日本の伝統的な技術に最先端の科学を導入することで、さらに美味しい焼酎の開発に取り組んでいます。

主な研究

醸造微生物の研究


近年、嗜好の多様化が進んでいるため、様々なタイプの焼酎が求められています。麹菌や酵母菌について深く追求し、さらに新しい技術を応用することで、世の中のニーズに合った商品開発に取り組んでいます。

造りの技術開発


使用する麹菌・酵母菌が十分に働くことができるよう、製麹や発酵の条件を検討し、更なる品質向上を目指しています。新しい菌株や原料を使用する際には、細かい条件設定を行い、商品の特長を最大限に引き出せるよう取り組んでいます。

ページの先頭へ