霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い > 研究開発:研究概要 > 醸造機能性研究

醸造機能性研究

お客様のニーズに応じて、美味しく機能性のある商品開発に取り組んでいます。

主な研究

機能性の探究


食品の機能として、これまでは栄養や嗜好性が求められていましたが、最近ではそれらに加えて健康機能性が強く求められるようになりました。そこで、高機能性素材と焼酎を融合させた「健麗酒」の開発に取り組んでいます。

焼酎製造副産物の有効利用

黒霧島

焼酎製造時に生成する副産物には、様々な成分が含まれています。これまでその副産物はサーマルリサイクル(※1)していましたが、食品としての有効利用を図るため、それらの機能性成分や生理活性メカニズムを解明し、機能性素材としての利用法の開発に取り組んでいます。

※1:廃棄物を単に焼却処理するだけでなく、焼却の際に発生するエネルギーを回収・利用すること。

香味に関与する成分の解明


焼酎には多くの成分が含まれていますが、香味に寄与するすべての成分は未だ解明されていません。そのため、焼酎の甘さや味わいをコントロールできる醸造技術の確立を目指し、各原料や焼酎の網羅的な分析と官能評価を組み合わせながら香味に寄与する成分の解明に取り組んでいます。

ページの先頭へ