霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い > 研究開発 > 論文・学会発表:研究論文

論文・学会発表

  • 研究論文
  • 学会発表

2018

サツマイモ焼酎チャーガスピリッツの抗炎症機能の解析

日本醸造協会誌 113(12): 766-775

ページの先頭へ

2016

芋焼酎から造られた冬虫夏草スピリッツの機能性解析

日本醸造協会誌 111(6): 371-380

芋焼酎醪に生息している乳酸菌の単離と酒質に与える影響

日本醸造協会誌 111(6): 405-411

ページの先頭へ

2015

サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツの抽出物の機能性解析①ヒト大腸癌細胞における細胞増殖抑制及びアポトーシス誘導作用

日本醸造協会誌 110(2): 110-116

サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツの抽出物の機能性解析②培養細胞及びマウスモデルにおける抗炎症作用

日本醸造協会誌 110(3): 165-169

芋焼酎と冬虫夏草によるスピリッツの細胞抗がん活性

FOOD Style 21 19(1): 76-78

サツマイモ焼酎の冬虫夏草スピリッツの抽出物の機能性解析③ヒト急性前骨髄性白血病細胞に対する抗癌活性

日本醸造協会誌 110(6): 444-452

サツマイモ発電で地域循環型生産体制を目指す

生物工学会誌 93(10): 644-645

ページの先頭へ

2012

長期間の差しもとを可能にする焼酎製造技術の開発

日本醸造協会誌 107(7): 491-498

ページの先頭へ

2011

長期間の差しもとを伴う従来法および返し仕込み法による芋焼酎製造技術の実証試験

日本醸造協会誌 106(9): 611-619

Development of Efficient Shochu Production Technology with Long-term Repetition of Sashimoto and Reuse of Stillage for Fermentation (長期間の差しもとを伴う効率的な焼酎製造法の開発と焼酎粕の有効利用について)

Journal of the Institute of Brewing 117(1): 91–97

ページの先頭へ

2010

芋焼酎製造過程におけるコーヒー酸エチルエステルの生成機構

日本醸造協会誌 105(6): 421-425

長期間の差しもとを可能とする小仕込み試験による焼酎製造技術の開発と酵母の安定性

日本醸造協会誌 105(5): 319-328

Isolation and Identification of Antioxidative Compound by Cytoprotection Assay Contained in Vinegar Produced from Sweet Potato-Shochu Post-Distillation Slurry (芋焼酎粕醸造酢に含まれる培養細胞評価系で抗ラジカル活性を示す物質の解明)

Food Science and Technology Research 16(4): 327-332

ページの先頭へ

2008

サツマイモ焼酎粕固液分離液を利用したパンの特性

日本食品科学工学会誌 55(6): 287-292

ムラサキマサリを原料とした芋焼酎粕および米麹を用いた醸造酢の製造

日本醸造協会誌 103(4): 301-307

ページの先頭へ

2007

rRNA遺伝子のスペーサー領域の塩基配列に基づく焼酎酵母の識別

日本醸造協会誌 102(9): 679-684

ページの先頭へ

2004

芋焼酎蒸留残渣からの醸造酢の製造および醸造酢凍結乾燥物の食餌投与による抗腫瘍活性評価

生物工学会誌 82(12): 573-578

ページの先頭へ