霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い > 本格焼酎をつくる霧島酒造の製造方法:貯蔵・熟成

本格焼酎をつくる霧島酒造の製造方法

霧島酒造のこだわり トップへ
  • 芋の選別
  • 製麹・一次仕込み
  • 芋蒸し・二次仕込み
  • 蒸留
  • 貯蔵・熟成
  • ブレンド
  • 瓶・パック詰め

「あまみ」、「うまみ」、「まるみ」を生み出す貯蔵・熟成。


貯蔵には主にステンレス製のタンクを使用します。

「蒸留」した本格焼酎の原酒は、ガス抜きを行い、余分な油分を取り除く冷却濾過をした後、貯蔵タンクに入れて熟成させます。ゆっくりと時間をかけて、霧島酒造の本格焼酎ならではの「あまみ」、「うまみ」、「まるみ」を生み出していきます。

ブレンダーが「貯蔵・熟成」の期間を管理

「貯蔵・熟成」によって、原酒の味わいは常に変化していきます。そのため、貯蔵タンクで熟成させる原酒をブレンダーが日々利き酒し、「貯蔵・熟成」の期間を管理しています。

ページの先頭へ

本格焼酎が出来るまでの道のり

芋の選別 製麹・一次仕込み 芋蒸し・二次仕込み 蒸留 ブレンド 瓶・パック詰め