霧島酒造トップ > 霧島酒造の想い > 本格焼酎をつくる霧島酒造の製造方法:ブレンド

本格焼酎をつくる霧島酒造の製造方法

霧島酒造のこだわり トップへ
  • 芋の選別
  • 製麹・一次仕込み
  • 芋蒸し・二次仕込み
  • 蒸留
  • 貯蔵・熟成
  • ブレンド
  • 瓶・パック詰め

緻密な分析を基に原酒を調合するブレンド。


緻密な分析のもと、何度もブレンドを繰り返す。

「ブレンド」は、貯蔵タンクで熟成させた原酒を組み合わせ、本格焼酎の味を仕上げる工程です。
そこで欠かせないのが、霧島酒造の本格焼酎を知り尽くした熟練のブレンダーです。
ブレンダーは、原酒を貯蔵タンクで熟成させる期間を管理し、ブレンドする原酒の割合を決定します。さまざまな角度から原酒の状態を見極め、香りと味わいを分析し、品質を守る重要な役割を担っています。

1/1000の味の違いを見抜くブレンド技術


明敏な感覚でブレンドにこだわりを持った2代目社長 江夏順吉。

「焼酎Aが入ったグラスに、タイプの異なる焼酎Bを一滴だけ入れたとして、その1/1000の味の違いが分からなければ失格だよ」。この言葉は、日本有数のブレンダーとして高い評価を受けていた、2代目社長 江夏順吉の口癖です。
ブレンダーとして本格焼酎にこだわり、常に納得のいく味わいを研究し続けた順吉は、「あまみ」、「うまみ」、「まるみ」という霧島酒造独自の、おいしい本格焼酎の基準を定めました。
この3つの基準を判断する技術は、今日の霧島酒造を支えるブレンダーに脈々と受け継がれ、本格焼酎をつくる糧となっています。

ページの先頭へ

本格焼酎が出来るまでの道のり

芋の選別 製麹・一次仕込み 芋蒸し・二次仕込み 蒸留 貯蔵・熟成 瓶・パック詰め