霧島酒造トップ > 「宮崎県総合運動公園」の新しい愛称が決定しました。

宮崎県の皆様、たくさんのご応募ありがとうございました。

霧島酒造株式会社は「宮崎県総合運動公園」および公園内の
「サンマリンスタジアム宮崎」「ひむかスタジアム」「木の花ドーム」「陸上競技場」「武道館」において、
宮崎県とネーミングライツ契約を締結し、各施設の愛称を新しくすることとなりました。
「宮崎県総合運動公園」は、宮崎県のスポーツ拠点として地元の方々に愛されている公園であり、
置県80周年を記念して建設された県民の皆様にとっても思い出深い場所です。
そのため「宮崎県総合運動公園」「陸上競技場」「武道館」の3施設については、
宮崎県にお住まいの皆様から愛称を公募いたしました。
その結果、3歳から102歳まで幅広い年代の方々から420点もの応募をいただき、
以下のとおり愛称が決定しましたのでお知らせいたします。
今後も、私たち霧島酒造株式会社は地元企業として、宮崎県のスポーツ振興や健康増進に貢献してまいります。

「宮崎県総合運動公園」の新しい愛称が決定しました。
  • ヤマザクラ宮崎県総合運動公園
  • ハイビスカス陸上競技場
  • ツワブキ武道館

色とりどりの美しい公園となるように、各施設のイメージに合う花や樹木を植栽します。

KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園
(ヤマザクラ)
KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場
(ハイビスカス)
KIRISHIMAツワブキ武道館
(ツワブキ)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎
(ブーゲンビリア)
KIRISHIMAひむかスタジアム
(日向夏)
KIRISHIMA木の花ドーム
(サンシュユ)
決定した愛称は、2014年10月より使用を予定しています。
  • ※ネーミングライツとは、施設命名権をいい、スポーツ施設や公共施設などに、愛称として企業の社名やブランド名を命名できる権利のことです。
  • ※採用者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。